韓国製品は賛否両論です

 

昔は、値段的に眼鏡と競ってましたから、ずいぶん変わったものです。しかしながら、韓国製には多少、目に損傷を与えかねない不良品もあるということです。

日本の基準では承認されないものもネットで流れてきているのでしょう。不況の最中、安いのは本当にいいことですが、自己責任として、最低限、認可を受けているものを購入するのがいいのでしょう。

韓国は「整形大国」とも言われるくらい、容貌を変えることへの情熱がハンパない国です。カラーコンタクトもそういう意味で、日本にたくさんのメーカーの製品が輸入され、中には500円程度のモノもあるとか。

カラーコンタクトを選ぶ際の注意点

 

日本では、カラーコンタクトは、高度管理医療機器に指定され、厚生労働省の承認を得ているものが販売されています。かつて、雑貨として取り扱われていたことを考えれば、カラーコンタクトの品質は、ずっと良いものになったと言えるでしょう。しかし、現在においても、インターネット通販などで取り扱われる商品の中には、海外から輸入されたものもあります。

たとえば、韓国のカラーコンタクトの中には、レンズに直接着色を施しているものがあり、この場合には、目に直接色素が触れてしまうため、よくありません。コンタクトを選ぶ際には、こうした点にも留意する必要があります。

きちんとしたカラコンについての解説を把握することが、カラコンユーザーとしてはとても大切なことになります。サークルレンズの解説をきちんと把握しておきましょう。サークルレンズとは周りの部分のみ着色しているカラコンのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>